HUPA × feed | High-tension Useless People Association. cross feed

High-tension Useless People Association. cross feed

「オフ会」の正しい内容。

 一部で「オフ会集団」とまで揶揄される我らがHUPAだが、その「オフ会」という単語を今日は掘り下げてみた。

 

 ネット上の目に付いた辞書サイトで「オフ会」と検索し、その内容について吟味してみよう。
 ■ウィキペディア

 オフ会→オフラインミーティング



オフラインミーティングとは、ネットワーク上(オンライン)のコミュニティ(ネットニュース・電子掲示板・チャット・メーリングリスト・SNS等のインターネットコミュニティ、MMORPG、またはパソコン通信・草の根BBS等)で知り合った人々がネットワーク上でなく(オフライン)、現実世界で実際に集まって親睦を行うこと。オフ会、オフミ、オフ等と略される。



パソコン通信の黎明期においては、アマチュア無線用語を転用してアイボールミーティングと呼ばれることもあった。


 ・親睦を深めるという点では間違いなくHUPAのはオフ会だ。

  だが、詳細読んでたらなにか不思議な気分になってきた。







 ■Yahoo辞書



ネットワーク上のコミュニティーのメンバー(同じ掲示板に集まる人など)が、実際に顔を合わせる集まりのこと。この場で初めて顔を合わせる場合も多い。オフライン-ミーティング。オフミ。

〔補説〕 ネット上でのオンラインのオンに対してオフという


 ・ポイントは太字の部分。当たり前のことだろうと。

  初期はほとんどyopの顔見知りで構成されていたが。







 ■e-Words



パソコン通信やインターネット上で活動するグループに所属するメンバーや、ネットワーク上の特定の掲示板・チャットなどによく出入りする人々が、実際に集まって行なう会合のこと。ネットワーク上、すなわち「オンライン」に対し、現実世界を「オフライン」としてこのような呼び方がされている。ネットワーク上の知り合いが実際に顔を合わせる数少ない機会の1つであり、主に談笑など、インフォーマルな催しとして行われる傾向が強い。


 ・こちらも太字に注目。数少なくないな、HUPA。







 ■@nifty辞書

  >オフラインミーティング



パソコン通信の参加者が実際に顔を合わせるために開く会合。



 ・間違ってはいないけど、なにか違和感。







 何種類かの辞書サイトを見てみたが、内容が一緒だったりすることが多かったため、目に付いたところだけをあげてみた。

 統括すれば、お互いが顔をあわせるために行うものが正式な意味での「オフ会」のようだ。

 インターネット黎明期から考えれば、オンライン上のみで顔を合わせる相手を見てみたい、だからオフ会をしようという流れは分からなくもないが、最初がHUPAって人間が出てくるあたりから、どうもこういった流れはなくなってきたように思う。実際会うことに躊躇がない世代が増えてきたからか、あるいは一般的な層がオンラインになるようになったからか。正確な理由は分からないが、オンラインが人と知り合うためのひとつの「手段」として活用されるようになったのは喜ばしいことに思える。



 ここまで書いてきて、結局分かったことは「HUPAで言うところのオフ会は間違ってはいない。間違ってはいないが、多分一般的ではない」ということだろうか。
ネタ | - | -
Information
  • ゲームを多角的に検証する予定の無目的なゲーム団体「HUPA」のハム式ホームページです。
    大層な看板を掲げてますが、終始だらだらと遊んでいるだけです。

    こんな謎の集団ですが、お問い合わせやご参加ご希望の方は、Twitterにでもご一報いただければと思います。(@HUPAcco)
Calendar
New Entries
Recent Comments
Archives
Other
Categories
x feed

x Twitter

x Facebook

Facebook-page "HUPA"

x Google