HUPA × feed | High-tension Useless People Association. cross feed

High-tension Useless People Association. cross feed

ゲームマーケットで買ってきたゲームで遊んでみました

先日の記事で買ってきたゲームをようやくプレイすることができましたのでレポートをお送りいたします。
今回は他の人に意見を聞く機会を逃したので、ほぼyop視点でのレポートとなることをご了承ください。
 
街コロ

● 街コロ

ダイスを使う以上運ゲーといえば運ゲー。ただ、乱数であるはずのダイス目をうまく活用するために街を発展させ、手広く地道に勝つか、それとも一発逆転を狙ったギャンブルな育て方にするか等、頭を悩ませる要素も見え隠れしてくる良ゲームでした。
今回はダイスタワーを使用してのプレイでしたので「5がでねえよ!」とかいわれてもそれはそれ。

1ゲーム30分程度と軽い部類のゲームな上、カタンなどと違い「勝った!」という感じがものすごくするので、つい「もういっかい…」みたいに熱くなれるコト請け合い。
マニュアルも2ページと、ルールが簡単なのもステキポイントでした。簡単で奥が深くてランダム要素で初心者も熟練者も楽しめる。ホント面白かったです。




さるやま

●さるやま

その街コロ以上にルールが簡単なさるやま。カードの起き方は2種類しかなく、徐々に置ける色が減っていく緊張感と読み合いが素敵なゲームでした。それなりに盛り上がるし。
強いて言えば点数が減点方式で繰り返しプレイが前提なので、次回はそのへんをかっちりと決めてやってみようと思います。



卑怯なコウモリ

●卑怯なコウモリ

卑怯なブラフゲー。勝ちにも負けにも関わるコウモリカードの使い方がキモっぽいですが、自分のところに1枚しかこなかったのでその醍醐味を味わえず(´・ω・`)
これは最大人数でやると盛り上がりそうでした。ルールも簡単なのでそのへんの人巻き込んでやるにはもってこいなゲーム。



FIBFAB

●FABFIB

ちょーブラフゲー。手元にある3枚のカードで3桁の数字を宣言。百の位≧十の位≧一の位というルールがあるにもかかわらず、つい勢いでそのルールを破って宣言してしまい自分でダメージを食らうプレイヤーが続出するというおかしな事態にw
前の人の言った数字を利用して、上手いこと数字を調整して行かなければならないあたりが悩ましいパーティーゲームでした。
後になればなるほど辛くなるので、どこで嘘を見破るかがポイントなのかな…



CODE OF PRINCESS

●CODE OF PRINCESS

ステータスの大切さを再確認するゲーム。結果的に戦闘で勝利しないとなかなかポイントに結びつかないのでそこに重点を置きたいものの、カードが手に入らないと厳しいのでそっちにも割り振りをしたい…とステータス割り振りに頭を悩ませるのが楽しいゲームです。読み通りの展開になったときの爽快感が気持ちいい!
各カードの特性を掴んでからが本番かな…次回は全員もうちょっと突っ込んだプレイが出来ると思います。



TRAINS

●TRAINS

一言で言うと「テンポのいいドミニオン」。どんどん自分の番が回ってくるのでゲーム感は軽くて良い感じです。ただ、他人を妨害する要素が少なめなので、どうしても自分のプレイだけを追っていく感が強いんですよねぇ。
それにしてもドミニオンのプレイ感で、よくもまあここまで電車物にできたなぁと感心するくらいに良いデキでした。あとは2回くらいやらないと点数の稼ぎ方がわかりにくいってトコが残念かなー(yopが後から参加したら他3人にダブルスコア以上の点数差を付けられたりもしました)



Vorpals

●Vorpals

カードを使っての100年戦争。やっぱりカード特性をわかってないと楽しさいまいちかも。
これも戦闘に勝つだけを目的としたり、建物で点数を稼いだりと勝利パターンがいくつかあるっぽいので、次回以降のプレイが熱くなりそうです。
個人的には5人でやるべきゲームかなーとは思いましたが。



QUART!

QUART!

ゲームマーケットでかったものではないんですが、プレイしてたのでついでに。
基本四目並べなんですが、色・高さ・形・穴の有無の4種類どれでも揃ったら勝ちなコトと、そのコマを相手に渡して置いてもらうというシステムが非常に秀逸なゲーム。なんせ、自分が選んだコマを置いてもらうわけですから自分のせいで負けるわけですよ。これは悔しい。
熟練者同士でもたいてい凡ミスで負けるというあっさり感がステキなうえ、お部屋のオブジェとしても秀逸ですのでよろしければ抑えてみてください。誰でもプレイできるルールのシンプルさも魅力。



といった感じで、購入してきたものをざっと遊んでみました。
どれもそれぞれに面白みがあり、ハズレはなかったかなっていう印象でした。
次回以降はルールも内容も把握した上でのプレイになるので、もっと深く掘り下げられればなとおもっております。
ゲーム紹介 > ボードゲーム | - | -
Information
  • ゲームを多角的に検証する予定の無目的なゲーム団体「HUPA」のハム式ホームページです。
    大層な看板を掲げてますが、終始だらだらと遊んでいるだけです。

    こんな謎の集団ですが、お問い合わせやご参加ご希望の方は、Twitterにでもご一報いただければと思います。(@HUPAcco)
Calendar
New Entries
Recent Comments
Archives
Other
Categories
x feed

x Twitter

x Facebook

Facebook-page "HUPA"

x Google